おすすめ本|佐藤 弘子『本当においしい生地作り』

佐藤 弘子『本当においしい生地作り』
佐藤 弘子『本当においしい生地作り 〜マドレーヌお菓子教室の作るのが楽しくなる洋菓子レシピ54〜』

洋菓子レシピ集!
お菓子作りの重要な部分が丁寧に解説されています。

スポンジ、シフォンケーキ、マフィンなど、洋菓子の基本をしっかりおいしくつくるためのエッセンスが詰まっています。

一見、玉川上水とは関係なさそうに見えますが...
著者は、「玉川上水のぷりん屋さん」の佐藤 弘子さん!


本を参考にしながら、私も人生初シフォンケーキづくり!

おすすめ本|高槻 成紀『都会の自然の話を聴く: 玉川上水のタヌキと動植物のつながり』

高槻 成紀『都会の自然の話を聴く: 玉川上水のタヌキと動植物のつながり』
高槻 成紀『都会の自然の話を聴く: 玉川上水のタヌキと動植物のつながり』

お世話になっている高槻 成紀先生の「高槻 成紀『都会の自然の話を聴く: 玉川上水のタヌキと動植物のつながり』」が発売しました!

サブタイトルに入っているように、玉川上水での調査や観察会での様子や、そこから分かったことがたっぷり掲載されています。

今まさに読んでいる途中なので、詳細な感想は後ほど!

『ひみつのゴマちゃん ゴマダラチョウの不思議な生活』 発売しました!

ついに発売した、『ひみつのゴマちゃん ゴマダラチョウの不思議な生活』 
Amazonなどネットで購入できる他、あちこちの書店に置かれています。


こちらは、紀伊國屋書店 新宿本店の様子!

なんと、専用コーナーができています!
とてもありがたいことです...。


大きなポップに、たくさん積まれた本。

さて、売れ行きはどうなんでしょうか。



別の場所にもたくさん。


本がたくさんの方に行き渡ればそれだけ、ゴマダラチョウのこと、玉川上水のこと、身近な自然のことに関心を持ってもらえるはず!

プロモーションもうまく展開していきたいものです。

『ひみつのゴマちゃん ゴマダラチョウの不思議な生活』いよいよ発売します!

ひみつのゴマちゃん ゴマダラチョウの不思議な生活』。
いよいよ7月25日頃発売です。
手元に見本が届きました!
ちゃんと本になっています。感動!

 
ジャンルは「自然・科学」扱いなんですが、なんだか自然科学らしくないゆる〜い背表紙です。

 
カバーを外すとこんな感じ!
中身までしっかりこだわって、かわいらしくデザインしていただきました。


すっきり、読みやすいレイアウトです。

イラストたっぷりで、子どもから大人までサクサク読めるはず。

玉川上水のこともばっちり紹介しています!

夏休みのお供にぜひ!



* * * * * * * * *

内容紹介

ゴマダラチョウ(の幼虫)=ゴマちゃんという近所の雑木林や森に
生息している、でもちょっと探さないと見つけられない小さな生き物を通して、
身近な自然と環境に触れてみよう。
日本初、一冊でゴマちゃんのひ・み・つが丸ごと良くわかる本。

【脳科学者の茂木健一郎先生、推薦!】
「ゴマダラチョウは、幼い頃の私的「身近な自然選抜総選挙」、第1位。
「スター」の本ができて、歓喜しています!」

【ゴマダラチョウとは】
漢字で書くと胡麻斑蝶。胡麻斑とはゴマをちりばめたようなまだら模様のことを言う。
鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。翅の開張は約7センチ。
翅は黒色に白紋がちりばめられている。幼虫はエノキの葉が大好物。
北海道南部から九州にかけて分布している。

【監修】
新里達也先生(前・日本甲虫学会会長)

著者について
音楽大学と美術大学大学院卒。
音大ではコンピュータ音楽を専攻する傍ら、ジャズピアニスト・キーボーディストとしてさまざまな演奏活動を行った。
その後は美大の大学院に進学し、音で遊べるメディアアート作品を制作。
代表作「リズムシ」シリーズは総計600万ダウンロード。
平成23年度文化庁メディア芸術祭新人賞ほか、受賞歴多数。

現在は玉川上水を中心に、多摩・武蔵野の自然や歴史に関する活動を行っている。
「まるごと玉川上水ブログ」http://tamagawajosui.edoblog.net/ で玉川上水の情報を発信中。
玉川上水の自然保護を考える会、玉川上水ネット所属、まるごと玉川上水かんさつ会 会長。
NACS-J 自然観察指導員。2級ビオトープ管理士。
日本茶検定1級、日本茶アドバイザー、江戸文化歴史検定2級。


* * * * * * * * *