講演会のお知らせ「こだいらの生物多様性」


講演会のお知らせです!

日時:8月19日(日)14:00〜16:00
会場:小平市中央公民館 ホール
講師:特定非営利活動法人 NPO birth
   金本敦志 成瀬翼

定員:100名

所属しているNPO birthとして、
小平の自然についての講演会を行います。
お話の他、いきものを見てさわって楽しめるコーナーもあります。

ぜひぜひお越しください!

シンポジウム 『玉川上水の自然を守り育てる~分水網と周辺の緑の保全・活用を含めて~』

6月17日(日)は玉川上水のシンポジウム!
私は講師として参加し、玉川上水のいきものについてお話します!





・テーマ:玉川上水の自然を守り育てる~分水網と周辺の緑の保全・活用を含めて~ 
・趣旨: 
玉川上水、千川上水、仙川、周辺の緑(雑木林、農地など)による水と緑のネットワークは、 
貴重な自然環境です。そこに生息する生き物の現状、市民による先進的な保全活動と 
環境教育を講師から学び、今後の展望を皆で考えませんか? 

・日時:6月17日(日)午後1時30分~4時 

・場所:武蔵野芸能劇場 小ホール 

・講師: 
柴俊男氏(玉川上水の自然保護を考える会) 
成瀬翼氏(特定非営利活動法人NPObirth事務局、まるごと玉川上水かんさつ会・会長) 

・コメンテーター 
中里崇亮(玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会・会長) 

・定員:80名(申込順、事前申込が必要) 

・参加費:無料 

・お申し込み・お問い合わせ: 
武蔵野の森を育てる会 
メール:info.mnomori@gmail.com(お名前・住所・電話番号を明記)

アオダイショウ

5月22日。今日の玉川上水。


アオダイショウがニョロっと!
強そうな名前ですが、毒はなく、愛嬌のある顔をしています。
目がかわいい!


2m近い長さだったのかも。


ネズミや小鳥、鳥の卵を食べて生活しているアオダイショウ。
生態系の中ではなかなか上位の存在です。

怖がられることも多いヘビですが、雑木林の中で、大事な役割を担っています。

「第39回 東京自然めぐり観察会 玉川上水緑道・春らんまん」のお知らせ

※早春〜春にかけて、「まるごと玉川上水かんさつ会」としての自然観察会はお休みです!
代わりに下記、「東京自然めぐり観察会」に自然観察会リーダーとして参加します。


第39回 東京自然めぐり観察会 玉川上水緑道・春らんまん


開催日時: 2018年4月15日(日) 10:00~14:30 集合 
集合場所:西武拝島線・多摩モノレール玉川上水駅
参加費: 大人500円 小中学生100円

持ち物: 弁当、飲み物、雨具(傘)、筆記具、観察用具、敷物、歩きやすい履物、帽子、など
参加費:無料

申込みはこちらの連絡先より、電話もしくはメールでお願いします。


江戸の町に水を供給するために掘削された玉川上水は、羽村取水口から四谷大木戸まで全長43kmありました。

現在は住宅地の中を貫く緑地として、生きものたちの貴重なオアシスとなっています。

今回は、歴史を感じながら玉川上水緑道の自然の営みを楽しんだ後、薬用植物園まで足を延ばします。