玉川上水のホタル



かなり昔の玉川上水では、それはそれはたくさんのホタルが舞っていたようです。

今でも玉川上水や関連水路の一部ではホタルが見られますが、幼虫やカワニナの放流を行っている場所、イベント的に成虫を大量放流している場所がほとんどです。

ホタルの放流について、ここでじっくり掘り下げるつもりはありませんが、やはりたくさんの難しい問題を抱えています。
間違いないのは、「ホタルさえ飛んでいれば自然度が高い」わけでは決してないということです。

ひと昔前には、あちこちでホタルの復活が自然保護のシンボルのように扱われていて、今でもその流れを引きずっている感じがあります。
玉川上水関連団体との集まりの中で「ホタルのいない川に価値なんかない!」という声が聞こえたこともありました。
一歩間違えると危険な発想だと思います。

ホタルが生息できるような環境を整える・維持することは大事ですが、その進め方には常に注意していく必要があると考えています。

また、「玉川上水(特に中流域)は観光地ではない」ということも重要なポイントです。
今の時代、「多くのホタルが舞っている玉川上水」のきれいな写真を誰かが撮影して、ネット上で拡散されたらあっという間に人が集まってくるでしょう。
しかし、玉川上水は大きな公園でも大きな林でもなく、周りにはたくさんの住宅もあります。そんなところに外部から人が殺到したら大変なことになります。
(かなり昔には、ホタルを見にやってきた人たちの車で玉川上水付近が渋滞し、騒ぎになったこともあったそうです。)

地域の住民だけで独占するものではもちろんありませんし、ホタルが生息できる環境であることをアピールすることが大事な面もありますが、そのバランスには最大限気をつけていきたいものです。