玉川上水 名前の由来は?

「玉川上水」の名前の由来について。

とってもシンプルに、「多摩川」から引かれた「上水」だから、ということで間違いないと思います。*1

ではなぜ、「多摩川上水」表記ではないのか。
これも、単に漢字表記のゆれと考えてよさそうです。

現在の「多摩川」も、江戸時代の文献では「玉川」表記になっていることがあります
逆に、明治期の記録でも「多摩川上水」という表記が見つかることもあります。

そもそも、地名や人名に「正しい漢字がある、正しい表記がある」と考えるのは現代人の発想ではないかと思います。
現在では行政、業務上の都合などで、表記がぶれぶれでは困ってしまいますが、大昔の人名、地名の漢字表記はかなり自由なものでした。


まれに、「玉川兄弟がつくったので玉川上水と名付けられた」というガセが見られますが、順序が違います。玉川上水開削の功績が認められて、庄右衛門・清右衛門兄弟に玉川姓が与えられたのです。



さて、「上水」のほうですが、生活排水ではなく飲み水として使える水=上水を江戸まで運んだ水路という意味です。
「上水路」や「上水道」のほうが正しい感じもしますが、慣例的に「上水」だけで水路そのものを意味するようになっています。(神田上水千川上水なども同様。)


現在でも、羽村から小平監視所までは現役の水路として使われていることは、意外と知られていないのかもしれません。もちろん、玉川上水に関心を持っている方はみな知っていることですが...


*1 断定できないのは、「多摩川から水を取り入れたので玉川上水と名付けた」とする資料がないと思われるためです。当たり前すぎてわざわざ記録に残していない可能性が。一応調査中です。